恐竜の町、御船町―御船町恐竜博物館―

normal

日本最初の肉食恐竜の化石が発見され、その後も天君ダム周辺から肉食恐竜の骨や歯がまとまって見つかり、一躍、恐竜の町として有名になった御船町。
そんな御船町が、町を挙げて設立した博物館が「御船町恐竜博物館」です。

2016年4月に発生した「熊本地震」では、この御船町恐竜博物館も被災しましたが
施設の一部を支援物資の集荷場や罹災証明発行の家屋調査の本部として提供したり、
休日のこどもたちの居場所を提供しながら復旧作業を進め、
2016年7月24日、地震発生から101日ぶりに営業を再開しました。

大人も子供も夢中になれる恐竜の化石がいっぱい!

tenji

出典:mifunemuseum.jp

白亜紀後期の恐竜化石の産出量日本一の御船町が、町を挙げて設立した博物館。館内には珍しい化石が所狭しと展示されています。

その収蔵資料点数、なんと約15000点。展示品だけでなく、化石のクリーニング作業等の仕事も実際に観察できます。マニアでないお父さんも少年に戻ってしまう一時になるに違いありません。

お子さんと一緒に家族で楽しく学習できるお出掛けスポットです。

引用:iko-yo.net

常設展示室は5つのゾーンに分類

常設展示室の各ゾーンは「導入­‑太古の世界の探究」・「白亜紀の御船」・「脊椎動物の進化」・「恐竜たちの世界」・「生命と地球」というタイトルで構成されています。
資料に興味を持ってもらえるようにするため、できるだけ資料に焦点を当て、美しくかつダイナミックに展示し、資料が持つ迫力を十分に発揮できるようなインパクトのある展示を心掛けています。

「オープンラボ」

御船町恐竜博物館最大の特徴はバックヤードを「オープンラボ」と称して利用者の動線に組み込み、いつでも見学できるようにしている点です。それは、化石クリーニング作業を行う標本作製室だけでなく、研究室や収蔵庫まで諸室すべてです。利用者は博物館の職員がやっていることをいつでも見学することができ、博物館の活動をライブで体感できるようになります。

openlab001b-2_dsc1957

出典:mifunemuseum.jp

【みふね化石ひろば】
恐竜時代の貝や植物の化石採集(発掘)することができます。
地層がよく露出しているので地層の学習にピッタリ!
その他団体様限定ですが、事前予約頂くと講師派遣も行います。

c_2_3camp1

御船町恐竜博物館
熊本県上益城郡御船町大字御船995-6
TEL:096-282-4051


化石の採掘体験は、夏休みのお子様の自由研究にもピッタリですね。
バックヤードの見学ができる「オープンラボ」もここでしかできない貴重な体験もきっとたくさんありますよね。ぜひ一度遊びに行ってみてはいかがでしょうか♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする