人吉球磨を旅する観光列車「かわせみ やませみ」に乗ろう!

train_kawasemi-yamasemi

出典:nishitetsutravel.jp

平成29年3月から運行スタートした観光列車

JR九州では、11番目のD&S列車となる「かわせみ やませみ」がデビュー!列車名は球磨川流域に生息する「かわせみ(翡翠)」「やませみ(山翡翠)」に由来。肥薩線の北半分、「川線」と呼ばれる区間を走ることから、球磨川の水面の色や沿線の自然をイメージした「川線」にふさわしい外観デザイン。車内の随所に人吉球磨産のヒノキや杉を使用し、座席はリクライニングシート、ボックス席、窓向きのカウンター席などが配置。運賃のほか特急料金だけで乗れるのもうれしい!

「D&S電車」とは

“D”はデザイン、“S”はストーリーの略で、地域に合わせてデザインやストーリーを持たせた個性的な観光列車のこと。

s1_0008812

デザインを担当するのは、豪華観光寝台列車・ななつ星や九州新幹線つばめなどを手がけた工業デザイナーの水戸岡鋭治さん。

列車内はとても綺麗で居心地がいい♪

pic18

1号車 かわせみ

木々に囲まれた心落ち着く内装、その車窓からは、日本の原風景ともいえる自然美をのんびり贅沢に愛でることができます。

pic19

2号車 やませみ

「やませみ」の車内には、軽食等を販売するサービスコーナー(ビュッフェ)やソファのようなベンチシートも備えられています。

pic20

1号車「かわせみ」カウンター席

pic21

2号車「やませみ」ショーケース

沿線の八代市、球磨村、人吉地方の特産品や「翡翠」の模型を展示しています。

pic22

1号車「かわせみ」展望コーナー

双眼鏡を設置しています。ぜひ、球磨川沿いを飛ぶ「翡翠」、「山翡翠」を探してみませんか?

pic23

1号車 サービスカウンター

球磨焼酎酒造組合様による焼酎PRなどを不定期で行います。

 pic25

2号車「やませみ」テーブル席

出典:jrkyushu.co.jp

車内ではさまざまな“おもてなし”を用意。球磨焼酎の全28蔵元による製造方法が異なる3種類の焼酎を味わうことができ、四季ごとに銘柄が変わる。「球磨焼酎案内人」の資格を持つ客室乗務員に、ぜひおすすめの銘柄を聞いてみよう。

s1_0007901

つまみやジビエの詰め合わせ「くまの宝箱セット」

出典:tabirai.net

360℃映像のVR体験ができる

人吉球磨の大自然の様々な疑似体験が可能なVR

pic27

タブレットとVRゴーグル・スマートフォンをご用意しています。
※VRゴーグルは13才未満のお子さまは不可。

出典:jrkyushu.co.jp

【運行区間】
鹿児島本線・肥薩線の熊本~八代~人吉間(1日3往復)

【切符】
利用区間の乗車券と指定席特急券
※自由席を利用の場合は自由席特急券が必要
(「やませみベンチシート」の指定席利用の場合は、通常の指定席特急料金に210円追加)

【発売場所】
全国の主要駅のみどりの窓口や、主な旅行会社など(2月4日10時から発売)
※指定券は利用日1カ月前(前月の同じ日)の10時から発売

【電話番号(問い合わせ)】
050-3786-1717(JR九州案内センター、8時~20時)

【備考】
公式ページ(https://www.jrkyushu.co.jp/trains/kawasemiyamasemi/)


人吉球磨の大自然をめぐりながら、その土地の美味しいものを食べたりお土産を選んだりと、家族や友人同士で楽しめる観光列車かわせみ やませみ。

ぜひ、一度乗車してみてはいかがですか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする